0-27

ハローハッピーにつきましては、大阪の難波に存在している業者になります。 融資の申込みに関してはオンライン、加えて電話並びにFAXで実施出来ますので、安心して活用することができます。

FAXにつきましてはハローハッピーのホームページ上に存在している申込みのための用紙ファイルを印刷して活用することが必要となります。

電話を入れて申込む場合、即座に複数の質問に答えて、それから審査に入ることになります。インターネット、あるいはFAXにつきましては入力、あるいは記入された中身をベースとして審査が実施されます。

いずれの場合も審査が完了次第Eメールや電話、さらにFAXから希望していた方法で連絡があります。パスする結果を出すと、指定銀行口座まで振り込みを活用することによって融資が受けられます。

ダイレクトに来店ができる場合は審査にパスした後に店まで行くことを通じて、即座に契約の取り交わし処理が行われ、キャッシュで融資が受けられます。

こうした場合のみ、お金借りたい人は即日融資の対応もできます。 振り込みによって融資を受け取った場合は後に契約の締結の書類一式が郵送を利用することによって届くことになるので、記入して求められる書類と共に返送することになります。

利用することで得る主なメリット

0-32

メリットとしまして、金利の水準は低めの設定になっています。 こちらの会社に関しては、中規模小規模の消費者金融の中では、金利の水準は低めにセッティングしてくれている良心的な面があります。

上限の金利で18.0%ですから、大手の消費者金融と変わらない金利の水準で借入することができます。 他の会社は20.0%の設定もありますので、対比させてみると2%も違うことになります。

したがって、返済額で結構変わってしまいますし、その点で良い消費者金融といえるでしょう。

また、ブラックである場合にも融資可能というメリットがあります。 これに関しては中小の会社全部に言っても良い共通点ですが、ブラックでも借入できます。

しかしブラックでどんな人でも借入できる訳ではありません。 いままで5年内にブラックに陥ってしまった人でも、現在のところ延滞中の債務も無くて、堅実に仕事をして安定感がある収入を得ているケースでは、審査対象に入ります。

したがって、オーソドックスなはじめて借り入れする人と照らし合わせると、審査にとおる率は低くなりますが、ブラックだから条件なしでアウトになる大手消費者金融とは異なって、貸し付けてくれますから、しっかりと就労している人は依頼する価値は十分にあります。

大阪在住でしたら即日の融資もできます。 ハローハッピーに関しては大阪の真中の難波に本店を構えている消費者金融ですが、インターネットを通して審査が終了してから、店に行きますと即日融資を享受することができます。

中小の会社でも、他の会社であれば、インターネットを通して即日融資を受けられるし、労力をかけて店に行かないと即日融資を受けられないのは、デメリットといえます。

しかしながら、月曜日~金曜日でしたら18時までそれから、土曜日に関しても15時まで開いていますから、大阪に住んでいる人なら、銀行の営業時間の終了した後でも即日融資を受けられます。

利用するにあたっての留意すべき点

0-46

留意すべき点としまして、大阪ではない人は用いにくい点があげられます。 ハローハッピーに関しましては、即日融資を受けようと考えたら、店にまで足を運ばないと駄目ですから、即日融資はしにくい面があります。

中小であってもインターネットを通して即日融資が出来る会社もありますので、急ぎの場合はハローハッピーで間に合いません。

突発的な出費以外はそれほど慌ただしく借りることもないですし、急いでない方は十分使えます。加えて、借入することができる限度額が低いこともデメリットとして、あげられます。

ハローハッピーの借入限度額につきましては50万円です。リフォームローン、あるいは不動産担保ローンを有効に活用する場合はなお一層高額の借入まで可能ですけど、原則として活用する事になるのはフリーローンですから、50万円以上の借入は難しいといえます。

消費者金融に関しては、貸金業法によって50万円をオーバーする貸付に関しては非常に厳しく審査することになっているから、100万円、あるいは高額借入におきましては、申し込みさえできなくなります。それから総量規制の対象となっていることが挙げられます。

貸金業法が根拠になって営業していますから、総量規制の対象となる貸付になっています。総量規制に関しましては、年収額の3分の1をオーバーする貸付はできないルールです。

だから、もうすでに借りてる人でしたら、どれ程一生懸命やっても、消費者金融で新たな形で貸してもらう貰うことはできません。これに関しては、ブラックの人への貸付経験を積んだハローハッピーでも同じです。